<

わくわくWANILAND

 
スライドショー1
スライドショー2
スライドショー3
スライドショー4
スライドショー5
     hits!

雑感

 2024.05.26
 Panasonicから、LUMIX S9が発表された。
 これを見て思ったのが、現在のPanasonicがかつてのGM1を作るとこうなりますよっていう回答なんだろうなと。「GM1のようなボディはもうつくらないんですか?」という質問に対して、「そういう要望はいろいろといただいているのですが…」と言っていたことは、これを踏まえていたのかも?
 フルサイズフォーマットの撮像素子でありながら、どこまでコンパクトにしながらも必要な機能を入れ込むか。確かに、これは一つのあり方としてありだなと思った次第。実際、情報がリークされてその姿が徐々に明らかになるにつれて、買ってもいいかも…という思いがムクムクと頭をもたげてきたしね。

 しかしながら、個人的には購入しないという判断に落ち着いた。その理由は以下のとおり。

・電子シャッターのみでローリングシャッター歪みが排除しきれないこと(少ないとはうたってるらしいですが…)
・意外に小さくなりきれていない(α7CIIと同じくらい)

 確かに、α7CIIよりも安いのでその点ではメリットがあるのだけど、機能的に見ればα7CIIよりも削ぎ落とされているわけで、その部分が必要な人はやはりS9が選択肢にはなり得ないのかなあと。
 私の場合、どうしても動体撮影が多いのでメカニカルシャッターが必須になってしまう(グローバルシャッターでない限り)。電子先幕でもいいんだけどね。

 ということで、個人的にPanasonicさんに希望したいのは、マイクロフォーサーズでGM1を再構築した機種を出して欲しいなと。EVFはなくてもいいんだけど、可能であれば1/1000までの電子先幕シャッター搭載だと最高だね。
 とは言っても、新規に金型を起こして、部品を設計・調達して…という投資はできないだろうからかなり期待薄なのは間違いない。G9ProIIのように、S5IIのパーツを流用して…というのができればコストダウンできるんだろうけど、S9のパーツで同じ大きさで作ってもGM1再構築の意味はないしねぇ。

  Google Webサイト内検索