メニュータイトルPC98-NX改造記録PC-98改造記録ThinkPad535活用講座WindowsCE活用講座雑感


AUTOEXEC.BATの例


 メモリ増設、INTELSATによる設定を含んだAUTOEXEC.BATファイルです。Windows用(Windows95/98)に作ったものですが、設定部分はDOSでも全く同じです。

  ただし、ここに掲載している例は、私の改造内容に合わせたものになっていますので、メモリの増設方法や高速化のポイントが違う方は適宜修正してください。詳しくは、各内容を説明したページで確認してください。仮に誤動作しても責任は持てませんのであしからず。
@echo off
set path=c:\;c:\windows\command
loadhigh C:\WINDOWS\nlsfunc.exe C:\WINDOWS\country.sys
rem ------- インテルサットメモリ高速化設定始め
intelsat 50 48
intelsat 57 02
intelsat 58 d5
rem ------- ここまで
rem ------- メモリ72MB設定確認
intelsat 62 ?
if errorlevel=12 goto next
rem ------- 72MB用の設定ができていれば:nextへジャンプ
rem ------- 72MB用設定開始(以下4行)
intelsat 60 02
intelsat 61 0A
intelsat 62 12
intelsat 63 12
rem ------- 起動用CMOS設定プログラム実行。
自動的にリブート。
escf1r
rem ------- ここまで設定部分
:next
set tmp=c:\temp
set temp=%tmp%
(c)1998,2000 WANI3/わくわくWANILAND ロゴ小